COMPANY

企業情報

IRポリシー

1. 基本姿勢

株式会社アジュバンコスメジャパン(以下、当社といいます)は、ステークホルダーの皆様に対し、適時、適切、公平、正確かつ継続的に情報を開示するとともに対話も積極的に行ってまいります。経営の透明性を一層高めつつ、ステークホルダーの皆様との信頼関係の構築・維持に努めてまいります。

2. 情報開示の基準

金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示に関する規則」(以下、「適時開示規則」)を遵守し、これらに基づくディスクロージャーを実践いたします。また、これに該当しない場合でも投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報や当社への理解を深めていただくうえで有用と考えられる情報は積極的に開示いたします。

なお、関係者の権利を侵害することになる個人情報および顧客情報などの開示は行いません。

3. 情報開示の方法

適時開示規則に定める開示基準に該当する情報、投資家の投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報は、東京証券取引所の提供する適時開示規則に従い、同取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示するとともに、広く情報を伝達できるよう、速やかに当社ウェブサイトに掲載いたします。

4. IRスポークスパーソン

当社のIRに関するスポークスパーソンは、代表取締役、IR担当役員、IR担当者としており、スポークスパーソン以外の役員および従業員がIR情報を提供することはありません。また、スポークスパーソンは、必要に応じて、他の従業員や役員をその代理として委任することがあります。

5. 社内へのフィードバック

IRスポークスパーソンは、ステークホルダーとの対話において把握した意見等は、社内関係者にフィードバックし、企業活動に適切に反映するよう努めます。

6. 業績予想及び将来の見通しに関する取扱い

当社が開示する情報の中には業績予想及び経営戦略や研究開発等に関わる将来予測が含まれていることがありますが、開示時点での入手可能な情報による当社経営者の判断に基づいております。そのため経済情勢の変化及び様々なリスクや不確定要素の変動によって、当社の実際の業績等がこれらの将来予測とは大きく異なる可能性があることをご承知おきください。

7. 第三者による業績予想等について

第三者による当社に関するいかなる意見や推奨、業績予想等に対して、原則コメントはいたしません。ただし、その内容に明らかな誤りがあれば、その旨指摘することがあります。

8. 沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩防止、公平性を確保するために各四半期の翌日から決算発表を行うまでの期間を「沈黙期間」としています。

この期間中は決算に関するコメントや質問に対する回答は控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合につきましては、適時開示規則に基づき開示いたします。