COMPANY

企業情報

中長期戦略

Just Fit

業界にイノベーションを起こすための当社取組み

長期30年ビジョン
想定する環境
サロン コンシューマー 当社
足元の
状況
⻑時間労働 国内⼈⼝減少 営業員不⾜
低い給与 働く⼥性の増加 教育不⾜
社会保険未加⼊ ⼥性の平均年齢の上昇 組織・制度整備不⾜
サロン コンシューマー 当社
方向性 ⼀般企業並みの労働時間 ⼀⼈ひとりが
個性と能⼒を発揮する社会
計画的な採⽤活動
勝組負組のサロンの2極化 美への追求 教育カリキュラムの充実
美容師の就職は
社会保険加⼊先が絶対条件
エイジングケア 各種体制整備
注力ポイント
営業活動
  • グループ間連携による効率化
  • 営業のチーム制導入
  • 重点エリアへの活動注力
研究開発活動
  • スキンケアの自社処方開発
  • 外部連携等による基礎研究の充実
  • 研究施設の新設
各インフラ構築
  • 物流倉庫の増床
  • 基幹システムの再構築
  • 生産管理の効率化
1.国内アジュバンサロンの量的成長
これまで
これから

これまで

  • 営業所毎の独立採算的な活動
これから
  • 組織による対応(マーケットニーズの把握と行動予測の精査)
  • 営業チーム制の導入による細やかなサロンサポート
  • 代理店の拡大
  • ペルソナ設定によるサロン開拓

これまで

  • 非正規流通対策に併せ物流の効率化
これから
  • 重点エリアへの営業人員増強&再配置

2.サロン経営システムの量的成長
これまで
これから

これまで

  • MAPシステムの展開(ツールの普及拡大)に走り過ぎた
これから
  • MAPシステムの後継機版SASによるサポートに切り替えるが、システム展開だけでなく分析・スキルの向上に注力
  • 各システムとの連携強化により分析者が居なくともチェックできる仕組みに

これまで

  • 営業員による導入活動
これから
  • 専任者とエクシードシステムとの連携強化による展開

3.海外事業の質的&量的成長
これまで
これから

これまで

  • 香港市場の基盤づくりに注力
これから
  • 香港だけでなく、東南アジアへの露出も行う

これまで

  • BtoCへのこだわり
これから
  • 現地エージェントを介してBtoBを拡大

4.商品開発基盤の質的&量的成長
これまで
これから

これまで

  • 品川研究所の開設
  • ヘアケアの自社処方開発
これから
  • 神戸研究施設の新設
  • スキンケアの自社処方開発
  • 原価低減

これまで

  • 理研との基礎研究
これから
  • 理研をはじめとする外部機関との連携強化による基礎研究の継続

5.流通等IT化 質的&量的成長
これまで
これから

これまで

  • アナログ対応
これから
  • OEM先との連携による生産管理の効率化による適正在庫管理

これまで

  • 非正規流通対策の整備
  • 日々の発送に追われた体制(キャパシティオーバー)
これから
  • 物流倉庫の増床
  • システムの再構築によるワンストップ確立
  • トレーサビリティの強化

6.社員のスキル&所得の向上
これまで
これから

これまで

  • ベテラン向け教育が主軸
これから
  • 等級別階層別教育プログラムの設定により全社員のスキル向上
  • 総労働時間の削減

これまで

  • 賞与支給比重の高い評価制度
これから
  • 評価制度・賃金制度の見直し