アジュバンプロダクトがパリコレとコラボレーション PARIS COLLECTION AUTUMN/WINTER 2015-2016  at Busardi × ADJUVANT

多様なモデルの美しさを引き出すアジュバンプロダクト

去る7月、ファッションの祭典「パリコレクション」で、アジュバンコスメジャパンのプロダクトが使用されました。

ランウェイを歩く一流モデルたちは、スタイリングシリーズ『ヘアデコ』と、メイクシリーズ『プリンシェル』を使って彩られ、会場を魅了。両シリーズがプロフェッショナルプロダクトとして世界に通用することを証明しました。

スタイリングシリーズ 『ヘアデコ』&メイクシリーズ 『プリンシェル』パリコレを彩る!

『ヘアデコ』と『プリンシェル』の各商品が使用されたのは、セミオートクチュールブランドBusardiのコレクション。ヘアメイクを、ヘアスタイリストの平野啓一郎氏とメイクアップアーティストの山口啓氏それぞれが率いるチームが担当した。

セット力の高さを発揮したヘアデコ

平野氏は、普段のサロンワークでもヘアデコを愛用。かさねても重くならない質感や、ミックスすることで複雑なライティングに対応できる点などに信頼を寄せる。今回は、顔周りを羽で覆う大胆なデザインを実現し、セット力の高さを発揮した。

多彩なモデルにフィットしたプリンシェル

山口氏は、自身が監修したプリンシェルを使用し、パリコレに初参加。細かいタッチや質感、ラインの表現などアーティスティックなメイクも可能にするカバー力、さらに骨格のコントロールまで追求して生み出したプロダクトは、あらゆる人種の一流モデルにフィット。その可能性の大きさを示した。

コレクションの舞台裏をムービーで見る

コレクションの世界観を表現

2人のヘアメイクはコレクションのテーマ『Queen of the night』(クイーンオブザナイト)の世界観を見事に表現し、ステージは大盛況のまま幕を閉じた。

about Busardi

タイのバンコクを拠点とするセミオートクチュールブランド。

タイ最古のファッションハウスであり自身の母親のブランドである『Yoswadee』でクリエイティブディレクター、ヘッドデザイナーを務めたBusardi Muntarbhornと、その息子Tuckの親子によって2009年に設立。コレクションは、現代性を反映させたデザインと、オートクチュールに基づくタイ中心部の熟練した職人が施す装飾によって生み出される。タイブランドで初めてパリコレに参加。

http://www.busardi.com/

プロも認める “アジュバン クオリティ”

  • ヘアスタイリスト 平野 啓一郎×スタイリングシリーズ ヘアデコ HAIR DECO
  • メイクアップアーティスト 山口 啓×メイクシリーズ プリンシェル PRINSHELL

2人が手掛けたヘアメイクでランウェイを魅了!アジュバン製品は海外モデルの髪質や肌質にも対応し、一人一人の魅力を引き出します。

ヘアスタイリスト 平野 啓一郎×スタイリングシリーズ ヘアデコ HAIR DECO

ヘアメイクを担当して

デザイナーから鳥の羽のヘッドピースを使いたいと要望があり、ミニマムスタイルと羽をミックスする形を提案しました。手ぐしでトップに羽のような質感を作り、後ろはルーズなシニオンに。顔にかかる髪はシルキーエマルジョンとヘアクリームを混ぜ、乾いたテクスチャーの中に少しツヤが出るよう指で一本一本調整。

ヘアデコは時間が経つほど質感が綺麗に出るので、照明に当たった時に見えるドライな質感と少しの光沢感が、今回のショーのテーマ『Queen of the night』(クイーンオブザナイト)にぴったりだったと思います。


PROFILE 平野 啓一郎 K-Hair Studio founder and creative directorHair stylist at David Artists London

ロンドン「K-Hair Studio」を拠点に世界で活躍するヘアスタイリスト

日本でヘアアーティストとしての地位を確立し、その後ロンドンの芸術性、創造性に触発され、2002年渡英。エッジの効いたエレガントな作品は世界でも注目を集め、ロンドンを拠点に、業界誌やブランド広告のスタイルメイキングにも参加。以降、「K-Hair Studio」を拠点に、業界で尊敬を集める写真家達と作品を生み出し、世界を舞台にする数少ないスタイリストとして活躍を続けている。
K-Hair Studio http://www.k-hairstudio.com/

メイクアップアーティスト 山口 啓×メイクシリーズ プリンシェル PRINSHELL

メイクを担当して

メイクを担当させていただくにあたり、事前にBusardiというブランドの歴史やイメージを研究しました。パリに入ってからは、モデルをモード性の高い雰囲気に仕上げるため、ミニマムなメイクアップを何度もテストし本番に挑みました。

実際にショーで使ってみて「プリンシェルシリーズでこれだけ素材を引き出せるんだ」という喜びとともに、改めて“抜きのメイク”の必要性を感じました。素材感は存在感へと変化します。プリンシェルなら、商品ではなく夢を買っていただけると確信しました。


PROFILE 山口 啓 Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL General producer

ビジュアル作品、執筆、教育など国内外でマルチに活躍するメイクアップアーティスト

18歳でメイクを始め、メイク講師の傍ら大手メーカーのアーティストを経て、21歳で渡米。ロサンゼルスで映画、雑誌、サロンで活躍。携わった有名ヘアアーティストは、JHA*の賞を数多く受賞。全国での講習活動も積極的に行い、年間250回以上もの講習をこなす。その他、海外でのフォトシュート、CGなどのビジュアル作品、本の執筆などマルチに活躍。自身のプロスクールでも多くの美容師を教育中。アジュバンのメイクシリーズ『プリンシェル』を監修*JHA…『Japan Hairdressing Awards』。美容業界の発展・繁栄を目的とし、顕著な創作活動をした美容技術者を表彰するイベント
Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL http://be-staff.co.jp/

アジュバンサイト ヘアデコブランドサイトへ プリンシェルブランドサイトへ PAGETOP